>

これから車はどうなるの?

購入の流れ

まずは、車を買い替える場合の購入の流れを見ていきましょう。
最初にすることは、自分が新しく乗りたい車のリサーチです。自分が乗りたい車の相場を知っておきましょう。
そして、次の段階で財布や燃費などを天秤にかけながら購入する車を確定させましょう。
そのあとに、今自分が乗っている車を一括査定に出し、そのあとに下取りに出し、下取り交渉を開始します。
なぜ一括査定を先に行うかというと、一括査定は時間がかかるからです。
なので下取りよりも早く出しましょう。

ここまでくればあと少しです。
買取と下取りを比較し、査定額が高いほうに今乗っている車を売却しましょう。
売却が完了したら、購入するお店で買った車の契約手続きをして、納車となります。

費用

さて、中古車を購入する際にかかる費用ですが、一体全体何があるのでしょうか?
新車を買うときとの一番の違いは手数料です。
車の購入の際、中古でも新車でもかかる費用が、国が定めた法的費用です。
手数料とは、中古車販売会社の仲介料としての費用です。

この法的費用は何をどう頑張っても値引きしてもらうことはできません。
しかし、手数料は交渉次第で下げることができます。

手数料にも様々な種類がありますが、値引きできないものは登録費用、リサイクル費用です。
反対に、自分で行えばカットしてもらえる車庫証明費用と、買った中古車を届けてもらうのではなく、自分で取りに行くことで削減できる納車費用は値引きしてもらえる可能性が高いです。


この記事をシェアする

トップへ